Jackグループ主催 全国リフォームコンテスト結果発表

アイデア賞

株式会社さくら

リフォームテーマ

光と風の抜ける上質空間

Beforeお施主様からの要望や悩み

・和室を洋間にかえたい。
・2階の書斎に上がる階段が遠い。
・書斎が暗い。
・部屋ごとの押入に洋服を樹脂ケースに入れているが、収拾がつかず寝室がごちゃごちゃしている。
・ゆっくり映像を観たり、音楽が聴けるスペースが欲しい。
・家族5人と愛犬1匹のくつろげる広いスペースがほしい。

リフォーム概要


DATA
リフォーム金額
550万円
リフォーム箇所
1F和室・洋室・2F書斎
築年数
35年
施工面積
75
家族構成
5人(夫婦+子ども3人)
種類
戸建て

1 2間続きの和室・板間をシアタールームとクローゼットへ

全く使われていなかった2間続きの部屋を、セカンドリビングとウォークインクローゼットへ。 シアタールームとして映画や音楽を楽しめるようにこだわったセカンドリビングは、スピーカーや小物を飾れる ニッチを造作。無垢のフローリング・腰壁・間接照明等で雰囲気のある心地よい空間になりました。 ウォークインクローゼットは、ご夫婦の服や、季節外の日用品まで全てすっきり納まる他、 一つの部屋として花や絵を飾り、バッグなどを見せるように飾ったり、アンティーク家具を置いたりと 奥様が生活を楽しむことが出来て、綺麗に保ちたいと思えるような空間としました。

2 寝室と2Fの書斎を繋ぐ階段を新設

ウォークインクローゼットの中に、寝室と真上の書斎を繋ぐ階段を新設。 既存の階段は寝室から最も遠い位置にあり、角度も急でしたが、 新しい階段が増え、ご夫婦の生活動線の短縮と、将来的な安全面の確保に繋がりました。 また、階段下の寝室は、真四角の部屋ではなく変形の形になったことで、 隠れ家のようになり落ち着くとお気に入りのお部屋に。 書斎も大容量の造作本棚と、夫婦別々にデスクを設置したことで、集中できるようになりました。

3 和室の建具や天井、照明など昔の良いものは活かして

古くからの和室の建具や、照明など良いものを捨てるのはもったいないので、どこかで使えないか?とのことで 和の雰囲気を残した空間づくりをしました。 階段の途中と、寝室とウォークインクローゼットの間には欄間を再利用し、光と風を通す室内窓を設置。 また、ウォークインクローゼットや、広縁などに既存の和照明を再利用しました。 フローリングの洋室と欄間の和の雰囲気を繋ぐのは、既存を活かした良質な杉板の天井材。 室内の建具も格子デザインで造作しました。

図面


会社データ


会社名

株式会社さくら

ホームページ

http://www.sakura-inc.net/chumon/

本社所在地

〒920-0051 石川県金沢市二口町ニ95-1
TEL:072-891-4501 FAX:

一覧へ戻る